医療用ウイッグ制作の流れ

医療用ウィッグ・スリール製作の流れをご説明させていただきます。

まずはスリールを被っていただき、頭の形に合わせてサイズを調整します。
(サイズ調整の前に、自毛のカットをさせて頂きます。ご自分の髪の長さは、ご要望に応じてご相談させて頂きます。)

ピッタリ目の被り心地が良いか、少しゆったりきつ過ぎない方が良いかなど、
お好みなど伺いながらサイズを決めていきます。

頭の形はみなさん違います。
被っていただいた状態で、手縫いでサイズ調整をしていきます。

治療の副作用による浮腫みや脱毛、また治療後には髪が伸びるので、頭のサイズも変化していきます。
サイズ調整はその時に応じで縫い直していきます。

カット&スタイリング
元のご自分の髪形やご希望のヘアースタイルに、スリールを被っていただいた状態でカットをしていきます。

パーマのようなカールを付けることもしております。

普段の髪形のスタイリングなど伺いながら、ご自分のもとの髪形に近づけていきます。

ウィッグは出来上がりましたら、被り方の練習をさせていただきます。

美容室で作る医療用ウィッグ・スリールhttps://www.sourire-wig.com の取扱い美容室の蒲田Chez Moi、自由が丘frangipani,大井町kaguyahime(カグヤヒメ) 横浜アンソレイユ、戸部entree(アントレ)逗子アトリエMeiXiang(メイシャン)平塚美容室T&T、千葉vivit hair 、柏美容室ありす、栃木nico(ニコ)埼玉ビビアン 静岡calmflow 盛岡chinon へ、お気軽にご相談ください。

スリール取扱店は 患者支援団体「ikus.医療美容ケア研究会」の加盟店です 。