医療用ウィッグの編込み

毎日暑い日が続きます。
こう暑いとウィッグも纏めたくなりますよね。

スリールの調整にご来店下さったKさまがご自分で編込みをすると、中のネットが見えないように緩め過ぎて頭が大きく見えてしまったとお話をして下さいました。

原因を究明するために、ご自宅と同じように編込んでいただきました。

Kさまはお嬢さんにも編込みをして差し上げているだけあって、とてもお上手です。

あえて緩めない普通の編込みをしていただきました。

それがこちらです。

Kさまが編込んだ後に、私が襟足の方だけ緩めました。

すごくお上手ですうよね。

ゆったり編込みはよく勘違いしてしまうのは、最初からゆったり編込んでしまうことです。美容師は普通に編んだ後に必要な箇所を緩めていきます。

纏めることで襟足に熱が溜まることもありません。

Kさまが可愛い髪形をしていると、小学生のお嬢さんが喜ぶのだそうです。

これで喜んでいただけますね。

ご自分で纏めてみると

「これで本当に大丈夫なのかしら?」と心配になりますね。

私たちがアドバイスさせていただきます。

ウィッグのメンテナンスついでに、気分がアップできるかもしれません。

医療用ウィッグ・スリールは「ikus.医療美容ケア研究会」の  蒲田Chez Moi・自由が丘frangipani・大井町kaguyahime(カグヤヒメ)・横浜アンソレイユ・戸部entree(アントレ)・逗子アトリエ MeiXiang (メイシャン)・平塚美容室T&T ・千葉vivit hair・柏美容室ありす・茨城PS.Hair Design・栃木nico (ニコ)・埼玉ビビアン・浜松calmflow・盛岡chinon お気軽にご相談下さい。