AUTHOR

はじめまして。 医療用ウィッグ『スリール』のブログをお読みいただき、有難うございます。 私は17年前より医療用ウィッグを初めて患者さんにお作りし、その後4年前より美容師だけが取り扱うことのできる医療用ウィッグ『スリール』の生産を始めました。美容師歴は33年になります。  このブログではスリールのことはもちろんですが、ウィッグ生活のちょっとためになるお話しや、治療後に伸びてくる髪のこと。縮毛矯正やカラーなどの自毛デビューの情報をお伝えしていきます。  日本一、多くの患者さんを自毛デビューをお手伝いしてきました。 『スリール』はフランス語で『笑顔」という意味です。 皆さんのウィッグ生活が笑顔で過ごせるように、ウィッグの名前に願いを込めました。  

  • 2021年9月8日
  • 2021年9月8日

医療用ウィッグに不可欠なサイズ調整

昨日スリールのメンテナンスにご来店いただいた方が 「風の強い日に自転車に乗っていたら、帽子が飛んでいったことに気が付かなかったの。ウィッグは全然大丈夫だったんだけどね」 この手のお話は、これまで何度もたくさんの方に伺っているのですが、何度聞いても少し […]

  • 2021年8月5日
  • 2021年8月5日

フルウィッグから部分ウィッグへ(自毛デビュー)

暑い日が続きますね。 フルウィッグは辛すぎますね。 『部分ウィッグを使おうと思うのですが』と 先日、伸びてきたご自髪のカットにご来店いただいたお客様からご相談を受けました。 フルウィッグを取るには、前髪とつむじ辺りの伸びが間に合わず、またご希望通りの […]

  • 2021年7月26日
  • 2021年8月11日

暑いので医療用ウィッグも編み込みました

毎日暑い日が続きますね。 髪も暑い時はバレッタなどでまとめますが ウィッグもまとめ髪がオススメです。 まとめ髪ができないウィッグも多いのですが、スリールはサイズ調整にこだわっており、そのおかげでまとめ髪で、お過ぎのスリールユーザーさんが多いです。 ま […]

  • 2021年7月21日
  • 2021年7月26日

横浜・日吉にスリール取扱店オープンです

蒲田Chez moi(シェモア)で8年間お勤めされていたトゥルー美智代さんが、日吉のご自宅でプライベートサロンを本日オープンされました。 治療後の縮毛矯正やカラーなどプライベート空間で まわりの目を気にせず、患者様の髪を熟知されていますので 安心にお […]

  • 2021年7月7日
  • 2021年7月21日

ヘアアイロンでカールも自在

蒸し暑い日が続きますね。 去年に続きマスク生活の夏。ウィッグも被ると本当に暑いですね。 Nさまがスリールのメンテナンスにご来店くださいました。 メンテナンスついでに、いつも毛先にカールを付けています。 ご自分でもカールにしたり、ストレートにしたり楽し […]

  • 2021年6月15日
  • 2021年6月17日

部分ウィッグでまとめ髪

蒸し暑くなってきましたね。 フルウィッグから部分ウィッグに移行される方増えてきました。 スリールの部分ウィッグは毛長が28センチ。 アレンジでも力を発揮できます。 どこからどこまでが部分ウィッグなのか。。 よもや私にも わかりません。 スリール製品は […]

  • 2020年3月16日
  • 2020年3月16日

医療用ウィッグでも、いつものように編み込みをしよう

医療用ウィッグのご試着時に相談者さんにたびたび驚かれるのは 「ウィッグでまとめ髪ができるのですか⁉︎」 などのまとめ髪についてです。 ましてや、編み込みなんて思いも浮かばないようです。 もちろん、全ての医療用ウィッグが出来るわけでは無く […]

  • 2020年1月26日
  • 2020年2月2日

医療用ウィッグは美容師が販売するべき(美容師向け医療用ウィッグ講習会について)

医療用ウィッグを必要とされる方は、脱毛を伴う抗がん剤治療を必要とされる方、脱毛症や抜毛症の方など、通常の美容業ではご相談いただくことは少ないと思います。 医療用ウィッグは、いわゆる『ウィッグ屋さん』が対応することが主流でしたが、ウィッグをお使いの方に […]

  • 2020年1月22日
  • 2020年2月2日

医療用ウィッグの解説

ウィッグと一言で言っても、毛材やネットなどの素材や作り方の違いもあります。ウィッグ選びの参考にしてください。  ウィッグも毛材について ウィッグの毛材には人毛、人工毛と2種類あります。 人毛 ・利点…パーマやカラーができる。自然に見える。 ・弱点…重 […]

  • 2020年1月6日
  • 2020年2月2日

化学療法前の髪のカットは、いつ・どのくらいにするか?

脱毛を伴う化学療法の治療が必要になると、医師や看護師からウィッグの購入について説明を受けます。 脱毛が始まると髪が脱毛時の喪失感や絡んでしまいやすいので、長い髪の場合は短くカットをするようにとの説明をされることもあります。 「髪は短く切っておきましょ […]