ドセタキセル(タキソテール)の脱毛について

主に乳がん、非小細胞肺がん、胃がん、卵巣がん、食道がんの治療で使用される薬です。

私は医療関係者では無いので、脱毛についてだけご説明いたします。

医療用ウィッグは脱毛の状況を把握して製作をしますので、私はもしかしたら医師より脱毛時期は、よくわかっているかもしれません。

ドセタキセルは投与後、脱毛が始まるのは2週間目というのが大まかな目安ですが、細かく言うと投与後13日目に脱毛が始まる方が多いかと思います。もちろん個人差はあります。たぶん1日ぐらいの誤差程度だと思います。

◎脱毛初日は、触るたびに1~2本抜ける程度です。

◎脱毛初日から3日目ぐらいから髪に手を入れると、20本程度抜けるように感じます。

◎脱毛初日から4日目~5日目は朝と夜の髪の状況が見た目でわかるほど半日での脱毛の多さを感じます。

◎洗髪時が脱毛を一番感じる時です。長くカラーなどで乾燥している髪は、洗髪時に絡み頭に髪の塊が出来てしまうこともあります。(脱毛初日から4日目以降)

くせ毛でカラーをされている髪は、シャンプー時に絡みやすいので脱毛開始3日目までには、短くカットした方が良いでしょう。ボブ程度でも絡んで固まることもあります。

写真は脱毛開始3日目の髪の抜け方です。

手を入れるたびに、4~5本抜ける程度です。

ただシャンプー時は何倍も抜けて感じます。

美容室で作る医療用ウィッグ・スリールhttps://www.sourire-wig.com の取扱い美容室の蒲田Chez Moi、自由が丘frangipani,大井町kaguyahime(カグヤヒメ) 横浜アンソレイユ、戸部entree(アントレ)逗子アトリエMeiXiang(メイシャン)平塚美容室T&T、千葉vivit hair 、柏美容室ありす、栃木nico(ニコ)埼玉ビビアン 静岡calmflow 盛岡chinon へ、お気軽にご相談ください。

スリール取扱店は 患者支援団体「ikus.医療美容ケア研究会」の加盟店です 。